インサイドセールス組織や仕組みがある場合、見込み顧客(=リード)をフィールドセールスに引き渡すまでにいくつかプロセスがあります。
 社長コラム 靴のセールスマンから学べること 私は19歳の時に初めての営業の仕事に就いた。
社長コラム私が営業マンをしていた30年ほど前になるが、当時はマーケティングという概念がなく、営業マンが自身の足でひたすらお客様のところに行けば
MA、SFA、CRM…言葉としては知っているけど、いざ導入を検討するとなるとと「自社に向いているツールはどれなんだろう?」「導入コストはどのくらいになるだろう?」「機能を使いこなせるかな?」とい
急なリモートワークへの移行で、慣れない環境の中、試行錯誤されている方も多いかと思います。 また、環境を整るための費用の捻出も喫緊の課題となっています。
コロナウイルスの影響を受け、在宅化や商談のオンライン化が進んでいます。
本企画について2020年4月に弊社にて行ったオンライン/インサイドセールスをテーマとしたウェビナーでいただいた質問にご回答する本企画。
そのままの営業スタイルを続けていて10年後に仕事はあるのか!現状の特に法人営業をやっている営業パーソンの仕事は同じような形で10年後にも存在するのだろうか? 高度経済成長を生きてきてその時代での
今回はBtoBマーケティングやインサイドセールスにおいて出てくる、リードについて、意味やその種類について解説します! リード見込み顧客を表します。
 こんにちは。新卒インサイドセールスのおじまです。書かねば書かねばとだいぶご無沙汰してしまった本コラム。最近の私の経過についてお話していければと思います。

ページ