社長コラム現状の特に法人営業をやっている営業パーソンの仕事は同じような形で10年後にも存在するのだろうか?高度経済成長を生きてきてその時代での
インサイドセールス組織や仕組みがある場合、見込み顧客(=リード)をフィールドセールスに引き渡すまでにいくつかプロセスがあります。
社長コラム年始という事もあり、新年会など “業種や会社を超えた出会いの機会”が増える時期ですね。
今回はBtoBマーケティングやインサイドセールスにおいて出てくる、リードについて、意味やその種類について解説します! リード見込み顧客を表します。
社長コラムすでに取引のあるお客様、また以前に取引のあったお客様、新規で営業マンが伺って説明をしたり、展示会で名刺交換をしてお話しをしたり、一度
BtoBで営業活動を行う際に大前提になる考え、それが「デマンドジェネレーション」です。
  社長コラム トップ営業マン、そう営業の上手い人ってどんな人だろう。
アメリカから遅れること20年ほど、ようやく日本でも”インサイドセールス”という言葉が使われる様になってきました。ただ、明確な「定義」が無いため、捉え方は人によって様々であるということが現状です。
近年、マーケティング活動の中でも「マーケット・イン」の考えをさらに推し進めた思想として「カスタマー・イン」の考えを耳にすることが多くなってきました。
社長コラム私が営業マンをしていた30年ほど前になるが、当時はマーケティングという概念がなく、営業マンが自身の足でひたすらお客様のところに行けば

ページ