セミナー日程:5/27 12:00-13:00

セミナー概要

新型コロナウイルスの影響によって、BtoB企業の営業活動は大きく変わってきました。

以前より、BtoBの営業活動方法として「インサイドセールス」が注目されてきました。今回の新型コロナウイルスの影響で、半ば強引に企業のテレワーク/リモートワークがはじまり、企業が見込み顧客を見つけるために行われていた展示会は中止され、獲得したリードや既存の商談案件においても、担当者に電話をかけてもつながらないなど、今までのオフラインの営業活動が行えない状況になっています。その結果、売上減少が見込まれる事態が発生しています。
また、新型コロナウイルスによる活動の自粛が落ち着いた後も、各企業のテレワーク/リモートワークの継続、大規模イベントの方法見直しなどが発生し、現在とあまり変わらない状態が続く可能性もあります。
そこで今回は、このような状況下で急ぎBtoB企業の営業活動を維持、さらに拡大していくために
・BtoB企業はどのように営業活動を考え直すべきか
・多くの選択肢がある中で、何から手をつけるべきか
・そのために必要な体制や仕組みをどのように揃えるべきか
などについて、BtoB企業のマーケティングやWebサイト制作、MAのコンサルティングを約20年に渡り支援してきた株式会社タービン・インタラクティブ 代表取締役 志水 哲也氏と、同じくBtoB企業のマーケティングやインサイドセールスに必要な組織改革支援などを得意とする当社の米田 光雄が伝えてまいります。

こんな方におすすめ

・BtoB企業の営業企画・担当者の方
・コロナ後の営業活動に不安を感じている方
・営業活動のオンライン化を目指したい方
など

日時・場所

2020/05/27(水) 12:00 〜13:00

本ウェビナーのポイント

ポイント①
今、急ぎ必要とされる営業活動オンライン化の要点がつかめます。
テレワーク/リモートワーク等、コロナ後にも必要となるオンラインでできる商談方法やその他営業活動のオンライン化等、必要なツールや社内体制など、自分たちに足りている部分と足りていない部分を洗い出すことができます。

ポイント②
最新のBtoB企業 インサイドセールス動向がわかります。
BtoB企業のマーケティング・営業活動を長年支援してきた株式会社エムエム総研とタービン・インタラクティブだからこそ語れる、コロナ禍で起こっている状況の変化や、それにともなって今、特に見逃してはならないポイントをお伝えします。既にインサイドセールスを導入している企業様にとっても必見です。

ポイント③
Zoomを活用したウェビナー(オンラインセミナー)です。
今回ももちろんオンラインセミナーです。ご自宅からPCやスマートフォンで受講可能です。この機会に是非お申込みください!

プログラム

12:00-12:50
トークセッション


12:50-13:00
質疑応答


登壇者

  

株式会社タービン・インタラクティブ
代表取締役

志水 哲也

1994年の「日本のネット元年」より総合広告代理店で広告マーケティングの実務とWebプロデュース業務を兼任。1999年にBtoB向けWeb制作会社としてタービン・インタラクティブを設立する。「広告コミュニケーション+Webマーケティング」両領域での経験による、ユニークな知見とコンサルティング力で、多くの企業のWebプロジェクトを成功に導く。2016年8月には日本初のマーケティングオートメーション小説「ベテラン営業マンと若手Web担当者がコンビを組んだら」を上梓。
株式会社エムエム総研
執行役員

米田 光雄

同社のBtoBコールセンターのアルバイト出身。2011年入社後現在はインサイドセールス内製化を支援する事業部の責任者をつとめ、マーケター・インサイドセールス育成期間アカデミーの責任者、デマンドセンター責任者を兼務する。インサイドセールスコミュニティConnectFesta!の発起人。

 

<申込は終了しました。多数のお申込みありがとうございました!>